肌のくすみの悩みを解消するための情報|ピカピカ輝くキレイなお肌

beauty

毎日の洗い方を工夫する

間違った方法は肌には負担

girl

清潔な肌を保つことこそ、健やかで美しい肌を作ってくれます。しかし、その清潔に保つはずの洗顔法方が間違っていると、逆に肌荒れなどの原因になってしまいます。洗顔料の泡立てが不十分だと汚れを落とす効果が半減してしまいます。また、手と肌とがこすれ合ってしまって、肌へ負担をかけてしまいます。そして、お湯の温度が高すぎると、汚れはしっかり落ちるものの一緒に皮脂やバリア機能を担う物質まで洗い流すことになります。肌が乾燥しやすくなり外からの刺激に弱くなりますから、肌が敏感になって肌荒れしやすくなります。こすり洗いや力を入れて洗ってしまうと、やはり肌には刺激となります。肌全体が乾燥してしまって固くなり、毛穴汚れが詰まりやすくなります。

正しい洗い方

ニキビや黒ずみ、しわなどの肌荒れを防止するためにも、正しい洗顔方法で行いましょう。洗顔前にはまず手を洗って、手に付いている汚れや雑菌などを落として清潔にするのが大切です。また、洗顔料を肌に乗せる前にぬるま湯で肌をきれいにして、水溶性の汚れを落としておきます。泡立てはしっかりと行って、弾力のあるきめ細かな泡を作りましょう。そして、泡で洗うような気持ちで軽くポンピングしてあげて、手と肌が触れ合わないように気をつけて洗うのが基本で、肌荒れを起こさない洗い方です。すすぎの温度は30度程度が理想的で、高くなりすぎないように注意しましょう。洗顔料が肌に残らないようにしっかりとすすぎを行って、拭く時にもタオルでこすらないで、タオルを押し当てて優しく水分を吸収させます。

Copyright©2015 肌のくすみの悩みを解消するための情報|ピカピカ輝くキレイなお肌 All Rights Reserved.